福岡で債務整理のことなら、福岡市中央区大手門の福岡自己破産相談サポートにお任せください。

福岡市中央区大手門2丁目1番16号小川屋ビル4F

受付時間:9:00~19:00(メールでの相談は24時間受付中)
現在ご依頼いただいているお客様はこちら092-753-9641

ブラックリストとは

ブラックリストとは?

債務整理をすると、信用情報機関にその情報が登録されて、借入ができなくなりますが、このことを「ブラックリストに載る」ということがあります。しかし、実際に「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。

新規の借り入れの申し込みを受けた貸金業者は、信用情報機関の登録情報を確認します。そして、事故情報の登録がある場合には、通常貸し付けは行わないということになります。また、現在利用しているカードについても、使えなくなる可能性があります。
信用情報機関には、次のようなものがあります。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

株式会社日本信用情報機構(JICC)

どのような情報が登録されるのか

信用情報機関では、金融機関の貸付の審査に役立つ、様々な個人信用情報を登録しています。JICCでは、たとえば下記のような内容を登録しています。

・入金予定日から3カ月以上延滞(延滞中ずっと)

・延滞解消(延滞解消日から1年)

・債務整理を行った場合(発生日から5年)

・自己破産申立、個人再生申立 (発生日から5年)

自己破産・個人再生・任意整理に関する情報の登録

債務整理をした場合、各信用情報機関にその情報が登録されます。そして、情報が残っている間は新規に借入ができなくなります。

どの債務整理手続きをとったのかということによって、登録の期間は異なります。また、信用情報機関によっても登録期間が異なります。

個人信用情報の開示

各信用情報に対して、ご自分の信用情報が現在どうなっているかの開示請求ができます。開示の方法について詳しくは下記URLをご参照ください。

また、開示した内容が誤っている場合には、信用情報機関を通じて調査をしてもらうことができます。信用情報の訂正・削除は、信用情報を登録した会社にしかできません。

「信用情報機関と提携しているから、手数料を支払ってもらえれば事故情報を消します」などという詐欺にひっかからないようにご注意ください。信用情報機関が、情報を削除する見返りに金銭を要求するなどということは、決してありません。

 

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

株式会社日本信用情報機構(JICC)

ブラックリストになるケース

JICCなどの信用情報機関に情報が登録されて新規の借り入れができなくなったり、クレジットカードが使えなくなることを、一般的に「ブラックリストに載る」などと言います。以前は、過払い請求をすると「契約見直し(コード71)」という情報が信用情報に登録され、今後の借入が難しくなるということがありました。

しかし、「契約見直し」情報の登録は、2010年4月19日に廃止されました。これにより、原則として、過払い請求をしてブラックリストに載るということはなくなりました。また、すでに登録されている「契約見直し」情報についても、削除されました。

 

ブラックリストになるケース①

借金が残っている状態(完済にはなっていない状態)で司法書士に過払い請求の依頼をした場合、引き直し計算しても過払い金が発生せず借金が残る、ということがあり得ます。利息制限法による引き直し計算をした結果、借金は減少したものの、借金が残った、というようなケースです。

このようなケースにおいては、「債務整理(コード32)」という情報が約5年間信用情報機関に登録されてしまいます。

 

ブラックリストになるケース②

上記と同様に、借金が残っている状態(完済にはなっていない状態)で司法書士に過払い請求の依頼をした場合、利息制限法による引き直し計算の結果が過払いになっていたとしても、一時的に信用情報機関に「債務整理(コード32)」の登録がされる可能性があります。司法書士介入時にいったん「債務整理(コード32)」の登録がされて、最終的に過払い返還の合意ができた段階で抹消されるため、一時的にブラック状態になる可能性があります。

つまり、借金が残っている状態で司法書士に過払い請求の依頼をした場合、実際は過払い請求であっても、表面上は単なる任意整理による介入となるので、一旦「債務整理」の情報が登録されます。そして、過払いが確定して債務が消滅した後に、「債務整理」情報は間違いであったということで抹消され、「完済」情報が登録されます。

過払い返還手続き完了後には「完済」情報となり、「債務整理」情報は抹消されますが、手続き中は一時的にブラック状態となります。したがって、ブラック状態となっている間に、お手持ちのクレジットカードの更新のタイミングが来るようなことがあれば、更新不可となることもあり得ます。

※借金が残っている段階で司法書士が介入すれば必ず「債務整理(コード32)」の登録がされるというわけではありません。会社ごとに対応は異なるようです。

 

ブラックリストを避けて過払い金を請求する方法

上記のとおり、完済前の過払い請求については、例外的にブラック状態となることがありますが、完済状態での過払い請求であれば、ブラックにはなりません。しかし、完済と思っていたら実際は完済ではなかったということが度々あります。

たとえば、信販会社に対する過払い請求の場合、キャッシングについては完済しているが、ショッピングも利用しており、ショッピングの支払いが残っている状態であれば、これは完済ではなく、債務が残っている状態での過払い請求となります。

また、会社の合併にも要注意です。たとえば、プロミスは三洋信販を吸収合併しています。プロミスとの取引については完済だからということで過払い請求をしたとして、三洋信販からの借入債務があれば、この三洋信販への債務は合併によりプロミスが引き継いでいますから、プロミスに対する払い請求は、完済状態での過払い請求ではなく、債務が残っている状態での過払い請求となります。

このように、完済と思っていたら実際は完済ではなかったというケースには注意しなければいけませんが、完全に借金がない完済の状態で過払い請求をすれば、ブラックになることはありません。

 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら(借金相談専用窓口)

「ホームページをみた」とお伝えください。

0120-80-8864

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

★★★★LINEはじめました★★★★

LINEでの相談もできます!

LINEで相談・LINEで相談予約

LINE ID:@czh4447h

メールで相談・メールで相談予約

info@office-taira.com

〜LINE相談方法〜

LINEID入力後、お名前と相談内容をメッセージで送ってください。

★オンライン面談をご利用のかた★

スマホを使って自宅で相談

来所不要!スマホ・PC・ネット環境があれば自宅で相談ができます。

〜オンライン面談方法〜

お問い合わせフォームにて、オンライン相談希望と入力してください。担当より説明いたします。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-80-8864

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

代表司法書士
多伊良 壮平
資格
  • 平成22年 
  • 司法書士資格取得
  • 平成26年
  • 行政書士資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。