福岡で債務整理のことなら、福岡市中央区大手門の福岡自己破産相談サポートにお任せください。

福岡市中央区大手門2丁目1番16号OTEMON2116(旧小川屋ビル)4F

受付時間:9:00~19:00(メールでの相談は24時間受付中)
現在ご依頼いただいているお客様はこちら092-753-9641

自動車のローンがある方

車のローンがある方

自動車ローンを組む前にしっかりと契約内容を理解しましょう。

車を購入する際、多くの人がカーローンを利用すると思います。カーローン(自動車ローン)には大きく分けて2種類あります。

一つは銀行系のカーローン。銀行のカーローンのメリットは金利が安いということと、所有権留保の特約が付かないことが多いということです。ただし、審査が厳しいので、安定した収入がない人は審査に通らない可能性があります。

もう一つは、信販会社のカーローンです。メリットとしては、銀行のローンより審査が緩く、面倒な手続きもすべてディーラーが行ってくれます。また、残クレを設定することで月々の返済金額を少なくすることができます。デメリットは、銀行のカーローンに比べ金利が高く、所有権留保の特約が定められていることが多いです。所有権留保の特約が付いている場合、債務整理をすると車を引き上げられる可能性が高いです。

信販会社のカーローンの場合

信販会社のカーローンの場合、所有権留保特約が定められていることが多く、債務整理をすると(受任通知を送ると)、債権者から車を引き揚げさせてくれとの連絡が事務所まで来ます。契約内容に不備がない限り、所有権留保の特約に基づいて、自動車は返却しなければなりません。したがって、所有権留保付きのカーローンを利用している方は、自己破産・個人再生を行う場合、車を手放すことを覚悟しなければなりません。

任意整理であれば、カーローンのみを手続きから外すこともできますので、自動車を残して手続きも可能です。

銀行のオートローンを利用している場合

信販会社と異なり、銀行の自動車ローンは所有権留保特約が定められていません。したがって受任通知を発送しても自動車が引き上げられる可能性は少ないです。

したがって、自己破産、個人再生を行ってもすぐに車が引き上げられるということはありません。

自己破産の場合、自動車の価値が20万円以上あれば、管財事件の対象になります。また、個人再生の場合は自動車の価値がそのまま清算価値に影響を与えます。

 

自動車ローンでお困りの方はオフィスフラットまでご相談ください。

銀行のオートローンを利用している場合

前述のように、信販会社のカーローンを利用した場合、所有権留保の特約が付くことが多いです。この特約が付いていた場合、自己破産・個人再生をすると自動車は原則引上げられます。

通勤や仕事で自動車を利用している場合、自動車の引き上げが行われると仕事ができなくなるといった方も少なくありません。

この場合の対策として、親族に自動車を買い取ってもらうといった方法があります。信販会社に連絡を入れ、車の名義変更を条件に債務者を変更できないか確認してみましょう。

変更ができるようであれば、信販会社を利用して親族に車を売却しましょう。

そうすれば自動車の引き上げをせずに自己破産・個人再生の手続きが可能です。

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら(借金相談専用窓口)

「ホームページをみた」とお伝えください。

0120-80-8864

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

★★★★LINEはじめました★★★★

LINEでの相談もできます!

LINEで相談・LINEで相談予約

LINE ID:@czh4447h

メールで相談・メールで相談予約

info@office-taira.com

〜LINE相談方法〜

LINEID入力後、お名前と相談内容をメッセージで送ってください。

★オンライン面談をご利用のかた★

スマホを使って自宅で相談

来所不要!スマホ・PC・ネット環境があれば自宅で相談ができます。

〜オンライン面談方法〜

お問い合わせフォームにて、オンライン相談希望と入力してください。担当より説明いたします。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-80-8864

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

代表司法書士
多伊良 壮平
資格
  • 平成22年 
  • 司法書士資格取得
  • 平成26年
  • 行政書士資格取得

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。